宅建有資格者の仕事とは?

王道の不動産営業の他、リフォームや賃貸管理、土地活用コンサルティングも

ひと口に「宅建有資格者の仕事」といっても、求められる活躍は職場によって様々です。
不動産業界というと、真っ先にイメージするのが「営業職」でしょうが、もちろん宅建有資格者が携わる業務は他にもあります。

ここでは、宅建士としての仕事の場を具体的にご紹介することにいたしましょう。

 

「営業」に次いで多いのが「管理業務」

不動産業者にとっては、外向けにゴリゴリ営業をするだけでなく、預かっている物件の管理をすることもまた重要な業務です。
そのため、「営業」と共に多いのが「管理」となっています。

具体的には、賃貸住宅の引き渡し前の検査から建物の巡回、入居者対応、解約業務、リフォームといった一連の業務であり、物件のオーナーや入居者との対応が主となります。
外回りが多くなるので、運転免許が必要なケースが散見されます。

 

近年増えつつある「コンサル業務」

営業や管理といったいわば不動産業者の“王道”ともいえる業務の他、最近多いのが土地活用やリフォーム、リノベーションに関わる「コンサルティング業務」でしょうか。
不動産業者の求人によく募集が出ているところを見ると、宅建有資格者の仕事としてはもはや一般的になりつつあるのではないかと思います。

一般的な不動産業の実務経験とは毛色の異なるスキルが求められるコンサルティング業務は、異業種からの転身を多く見込めそうですね。
もちろん営業スキルは必須でしょうが、宅建士の仕事としては新たな境地を切り開く分野となりそうです。

 

このように、宅建士有資格者の活躍の場は多岐に渡ります。
宅建士としての専門知識をベースに、これまでのキャリアや興味関心も反映させつつ、自身が本気になれる分野に出会えるのが理想ですね!


初学者でも宅建士に合格できる方法