宅建有資格者の求人、ズバリこんな感じ!

業界1年目で年収600万円も夢じゃない?!夢が広がる宅建士の求人事情

宅建士資格を活かした求人は、大手求人情報サイトの他、街中でフリーペーパーとして配布されている求人誌にも比較的多く見られます。

これから宅建士資格を取得して就職を目指す皆さんは、自分の通勤エリアにどのような求人があるのか、条件はどうなっているか等をさっそく確認されてみてはいかがでしょうか?

 

宅建士求人の実際 事例集

 

事例その1

 

≪大手不動産業者 大阪≫

・仕事内容
ご来店されたお客様へのご案内業務
反響営業・ノルマなし!

・求める人材
経験・学歴・性別は一切不問。未経験者大歓迎
要普免(AT可)※9割以上の社員が未経験スタート。

・モデル年収
年収420万円/27歳 経験3年
年収800万円/30歳 店長職

 

事例その2

 

≪総合住宅会社 愛知≫

・仕事内容
住まいづくりをトータルでプロデュース!
希望と適性に応じて注文住宅の”営業”または”設計”のいずれかを担当

・求める人材
大卒・専門卒以上
未経験者や第二新卒者、異業種からの転職者歓迎!
建築・インテリア・家づくりに興味がある方!

・モデル年収
年収450万円/29歳 設計職 経験5年
年収350万円/23歳 営業職 経験1年

 

事例その3

 

≪不動産業者 東京≫

・仕事内容
オープンハウスやWEBで反響のあったお客さまへの、売買物件(戸建・マンション・土地)の紹介から契約手続き等

・求める人材
学歴、経験不問
要普免
40歳以下の方(※若年層の長期キャリア形成を図るため)

・モデル年収
年収830万円 経験1年
年収920万円 係長職 経験2年

 

宅建士資格の活かし方や条件は様々、自分に合った活躍の場を探すべし

ご紹介した通り、宅建士の求人については業務内容、求められるスキル、年収等は企業によって大きく異なります。
共通する特徴としては

・普通免許は持っておいた方が良さそう
・学歴や経験は不問のところが多い
・実務未経験者ウェルカムな風潮あり

といったところでしょうか。
モデルとして提示されている年収は企業によって様々ですが、あまり高額過ぎるところは成果主義だったり、残業が多かったりするかもしれませんので、要注意ですね。


初学者でも宅建士に合格できる方法