宅建で就職するなら地域格差にも目を向けよう

宅建の資格を手に入れたら、就職活動がうまくいくチャンスは飛躍的に増えることが多いです。つらい受験勉強を乗り越えて、登録の完了までこぎつけたら、もう後は就職活動を成功させるだけ……となりますね。

難関はあとひとつ、といったところでつい気をゆるめたくなるかもしれませんが……就職活動をすんなりと成功に導くために、覚えておいたほうがいいポイントがあります。それは、不動産業界に宅建の資格をPRしながら就職しようとする場合、地域差がしばしば影響する、ということですね。

宅建の資格で大切なポイントは、不動産売買に関することです。重要な事項を説明する役割を認められたり、重要な書類に記名・捺印ができたり……という特徴がありますね。自然と、宅建を履歴書に書いて有利な状況に持ち込みたいなら、応募先も決まってきます。
ちなみに不動産の売買をやっている企業といっても、少しずつ違いがあります。たとえば分譲マンションの売買を専門にする職場と、戸建て住宅の売買が中心となる職場の違いがいい例になるでしょう。この場合なら、マンションが多い地域や少ない地域、といった違いが確実に出てきます

居住地域の不動産企業の傾向を、早めに調べていくほうが得策!

「宅建の資格で就職できるなら、その辺の違いは気にしない」と思っている人も多そうですが、いざ就職して興味を持てないことを任されてしまうのはかなりつらいものです。それに、不動産という仕事の都合上、自分の住む場所の周囲に「どんな系統の不動産会社があるのか」はかなり重要です。気に入れる仕事をやらせてくれる会社がないなら、引っ越さないといけないかもしれません。

宅建の志願者は、受験のことで手がいっぱいになりますからそこまで全然考えていないことが多いです。しかし、将来的なヴィジョンを早めに持つことも大切です。宅建を取って就職したいなら、どんな仕事をしたいのか、どんな会社に就職したいのかも少しずつ考えていくことが大事でしょう。


初学者でも宅建士に合格できる方法