宅建は主婦でも就職が有利に大変貌!? 

宅建という資格が持つ、就職・転職に関してのご利益は「あらたか」ですね。
そこで、宅建の就職への効果に関していろいろなうわさが自然発生的に流れているようです。

ときどき、質問を受けることがありますね。いわく、「宅建を取得したら、専業主婦でも就職できるでしょうか?」なんて内容で。
……「絶対に就職できます」なんて回答は絶対にできませんが、主婦でも宅建合格者になれば再就職できる可能性がだいぶ増えることは間違いないでしょう。

宅建があれば、ブランクがあった主婦でも正規雇用で就職のチャンス! 

不動産の世界にしても、宅建の合格者にしても、まだ女性は多数派ではないようです。人数を数えたら、間違いなくほとんどの職場で男性が多いでしょう。女性がまだ多い会社でもせいぜい3~4割くらいではないでしょうか。
しかし、これは不動産の世界が女性を締め出しているという意味ではありません。たまたま今までの社会がそうだっただけですね。

試験に受かって登録を済ませて宅建取得者になれば、しばらく家庭に専念していた主婦であっても再就職や転職の敷居はだいぶ低めになるはずです。不動産の世界では実際、まだ多数派ではないといっても女性がいきいきと活躍しています。不動産の営業等の世界をのぞくと、若い女性から年配の女性まで、いろいろな女性が一線で働いています

主婦の場合は確かに、フルタイムで働けるのかどうか、といった問題はつきものですね。しかしそれはほとんどの業種で出てくるポイントです。宅建の資格は、ハンデのある主婦に就職のチャンスを多めに与えてくれるのです。


初学者でも宅建士に合格できる方法